ザ・街の不動産屋…

昨晩は…。

ザ・街の不動産屋の会合でした。

メンバーはこの4人。

4人衆



街の不動産屋の集まりです。

しかも、全員、会社が阿倍野区にあります。

せっかくだからメンバー紹介しておきましょう。

左から順に…。



ハウスコミュニケーション あべの営業センター所長 松田さん

ハウコミ



エスマガ代表取締役 定山

エスマガ



ハウスグラント代表取締役 渡辺さん

ハウグラ



ピタットハウス 天王寺店店長 江原さん

ピタット



阿倍野区の仲介業者ってくくりで考えれば、なかなか豪華なメンバーではないでしょうか。

ホームページにそれぞれ個性がありますね~。

会合場所は天王寺にある『やまと』。

牡蠣専門店です。

やまと



全く目立たない場所にありますが流行ってる。

昨晩も満員でした。

予約を取るのも難しいらしい。

どんな商売でもそうだけど、流行ってしまえば場所って関係なくなるんだよなあ。

カキ



で、そんな4人で話したことは…。

阿倍野区で

不動産屋が増えてるけど

どないすんねん(笑)!


ってこと。



今でも十分に必死のパッチなんですよ(涙)。

いや、ホントに…(汗)。

まだ競争相手が増えるんかい!って感じです。



良いことが悪いことの始まりで、悪いことが良いことの始まりだと、つくづく思う。

阿倍野区が注目されることは良いことだったんですよ、この4人にとっても。

ところが、注目されると競争相手が増えるわけ。



ハッキリ断言できます。

どこかが淘汰(とうた)されるでしょう。

昭和町に新しいスーパーが2つできたら、ちゃんと1つ無くなりましたね。

同じことが起きると思います。



2013.07.08 ディープ・インパクト

こーよー



エスマガが淘汰されない道を私は探さなければなりません。

その道の答えは消費者の中にあります。

お客さまに選ばれる道を探さなければならない。



どの不動産会社を選ぶかの権限は100%、お客さまが持ってます。

恐ろしいことに、不動産会社は、お客さまがどの不動産会社を選ぶかの権限を1%も持っていません。

1%どころか0.1%も、いや、0.01%さえ持っていない。



どの不動産屋で家を買うかを決める権限は100%、お客さまが持っている。

肝に銘じよう。



さて、今、モニターを見ながらブログを書いています。

が、モニターの上に視線をズラすと見える光景がこれ。

やっぱり危機感を覚えますね。

前店舗



立派な事務所です。

およそ2ヶ月前、下のブログを書いた時はまだ余裕があったんですけどね。

実際に目の前に競争相手ができてくると危機感が違う。



2014.11.21 目の前

目の前



もう一度、初心に戻って仕事に取り組みます。

昨晩は、そんなことを考える良い機会になりました。

『阿倍野区専門店』と認知されるように頑張ろう。



たくさん不動産屋はありますが、『阿倍野区専門』をウリにして実践しているのはウチだけですから。

そこで勝負する。

範囲じゃなく密度で勝負。



神様は楽をさせてくれませんな~。

頑張りまーす。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 

売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
5位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる