電通(でんつう)という企業…8

結局、私の予想はことごとく裏切られることになる。

パーティが始まったのは19時、終わったのが23時過ぎ。

4時間ものあいだ、本当に彼らは延々とアホなことを続けた。



次から次へと舞台に人が現れアホなことをした。

中には先輩より下らない芸もあった。

いや、終わってから考えると、先輩の芸はまだマトモだったかもしれない。



時折、女の子のダンスがあったものの、それ以外は「下らない芸」であり、ほとんどが全く意味の分からないものであった。

早目に切り上げるつもりだった我々3人は、あまりのアホらしさに引き込まれ、ついつい最後まで見てしまった。

全体を通じて一番アホだったのは日下慶太氏である。

断髪式

日下断髪2



何故か、日下慶太氏のお色直しがあり、再び、我々の前に現れた彼は、全身に金粉をまぶしたファラオのような姿であった。

しかも、頭をキレイに剃りあげていた。

やっぱり、コイツが一番アホだなと私は思った(笑)。

ふぁらお



クライマックスでの日下氏は舞台の真ん中でフンドシ姿であった。

私はこの角度から見ていた(笑)。

その時、参加者のほとんどが舞台の上にいたのだ。

私が見た日下氏



4時間ものあいだ、真面目な話をする人は一人もいなかった。

恐るべきことである。

そんなことが起こりうるだろうか?

その日は佐治敬三賞受賞パーティなのだ。



「日下さんはいつもアホなことばかりしているけど、実はとても繊細ですごい努力をしています」

そのような心温まるエピソードを後輩の一人が披露したとしてもおかしくはない。



というか…。

そういうのが一つや二つあって当たり前である。

全くなかった(笑)。

「心温まるエピソード禁止令」でも出ていたのだろうか?



最後の最後で日下氏がスピーチをすることになった。

私は今度こそ、真面目な話があることを期待した。

そろそろ心温まるエピソードが聞きたかった。



この賞を頂けたのは皆さんのおかげです

僕一人の力ではありません

協力してくれた全員で取った賞です

一般的なパーティならそうなるはずだ。



ここでも私の期待は見事に裏切られることになる。

「心温まるエピソード禁止令」が出ていたとしか思えない。

日下氏は信じられないことを口にした。



え~、今、僕はキテます

有名人と対談もしてるし、メディアにも出まくってます

同期の中では、役員室に呼ばれる回数もナンバーワンです



会場中からヒンシュクを買い、床に落ちていた金塊チョコをぶつけられていた(その後、壇上にいた奥様がフォローしていましたが後の祭りでした)。

ここまでアホなことができるのは尋常ではない。

私はそう思う。



「馬鹿になれ」と人は簡単に言うけれど、実際に馬鹿になるのは難しい。

例えば、アントニオ猪木が「馬鹿になれ」と言っている。

しかし、部下や弟子など猪木に直接関係する人がホントに馬鹿をしたら、猪木は間違いなくキレると思う(笑)。

猪木



そういうシーンを私は何度も見てきた。

「結果は気にせず思い切ってやってこい」と言いながら結果が出ないと怒る監督。

「楽しんでやれ」と言ったくせに笑顔でプレーするとキレるコーチ。

「今日は無礼講(ぶれいこう)だ」と自分で言い出したのに部下がちょっとハメを外すと怒り狂う上司。



そんなこんなで馬鹿になるのは簡単ではない。

アホになるのは難しい。



広告業界は特別。

もちろん、その通りだと思う。

一般的な業界とは違うだろう。



しかし、それだけで片付けていいのか。

それ以上の何かを私は感じた。

そして、その何かは電通(でんつう)が広告業界で不動のナンバーワンであり続けることと無関係でないように思う。



少し長くなりましたが、これがポスター展を通じて見た電通(でんつう)という企業です。

残念なことに、電通(でんつう)という企業がちょっと好きになってしまった(涙)。

何故か少し悔しい。

記念撮影
(パーティ後の記念撮影)



電通。

良い意味でも悪い意味でも恐ろしいと感じる企業。

テレビ・新聞・雑誌・ネットを通じて何かを知るというのは、我々の想像以上に難しいことなのかもしれません。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 

売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
7位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる