自浄作用・・・

何度か書いたように、最近、購入希望者が熱い。

つまり、不動産を探している人が多いってこと。

問い合わせや見学希望が増えている。



で、こうなると増えてくるのが物件隠し。

こういう状態のこと。

売り依頼を受けている会社が、その物件情報を他社に公開しないことです。

今日もありました(涙)。



囲い込み



同じ業界にいる人間として非常に恥ずかしい。

目先の金に目がくらんだ売主に対する裏切り行為です。

売主に内緒で「両手取引」を狙うなんてのは「泥棒」だとか「詐欺」とよく似た行為ですよ、私に言わせると。



日常茶飯事



不動産仲介業界があまりにも酷いから、雑誌なんかでも特集されるような状態になってしまっている。

恥ずかしいことだし、恐ろしいことです。

そのうちテレビなんかでも報道されるようになるかもしれない。

こういう悪しき行為の存在を多くの人に知ってもらいたいと私も思うけど、社会問題にまでなってしまうと、業界全体が苦労をするわけですよ。



ダイヤモンド

全ては両手のために



P・F・ドラッカーが『断絶の時代』で興味深いことを書いてます。

一部を抜粋しましょう。

組織の責任に関する第二の原則は、さらに重要なこととして、自分のもたらす影響を事前に知り、予防することである。先を見て自らのもたらす問題を検討しておくことは組織の責任であり、好ましからざる副産物を防ぐことは組織の社会的責任である。組織自らの利益のためでもある。好ましからざる影響を自ら防がなければ、問題のほうからやってくる。法律、規則、干渉がもたらされる。社会への害は事件となる。事件から生まれた法律は、間違いなく悪法となる。ひとりの悪人を引き立てるために、無辜(むこ)の者九九人を罰する。しかも、それらの法律はよい行動を罰する。そのくせ悪い行動を防げない。理性ではなく反感にもとづいて制定されるからである。


(『断絶の時代-いま起こっていることの本質』より)







ドラッカーの言うとおりでしょう。

自分の利益だけを考えて、あんまり調子に乗ってると変な法律ができたりするわけ。

そうなると業界全体が苦労することになる。



何年後かには「両手取引禁止」になるかもしれませんね。

ただね、あんなもん、法律で禁止するようなもんじゃないですよ。

依頼人の利益を優先すれば自然と「両手取引」は少なくなるのです、間違いなく。



売り依頼を受けた不動産業者が「売主」の利益を最優先するのは当たり前のことで、法律で縛られるようなものではありません。

法律があるから「売主」の利益を優先するって恥ずかしすぎませんか?



「売主」の利益とは何か?

できるだけ早く、できるだけ高く、売ることでしょう?

そう考えれば、他の業者に情報を公開するのは当たり前のことでして、隠すなんて私には考えられないことです。



もちろん購入希望者から依頼を受けた場合は「買主」の利益を最優先します。

これも当たり前のこと。

結果として「両手取引」は少なくなってしまうわけ。

勝手にそうなるの。



だからといって、「両手取引」を禁止すると違う問題も出てくるのよ。

例えば、今年になってエスマガも「両手取引」を2件しました。

どんな物件だと思います?



2件とも『文の里商店街』内です。

商店街の物件はいろいろとややこしいし、ややこしいわりに儲からないから、誰も一生懸命に営業しないのよ。

一生懸命に営業するのはエスマガだけだから、結果として「両手取引」になるわけ。



別に狙わなくても勝手にそうなってしまうのよ。

「両手取引禁止」だったら、この2件はまとまっていないかもしれません。

ね、おかしなことになるでしょ?



すっごい田舎の不動産会社が少ない地域とかは同じようなことがあると思う。

法律はそういうことも禁止にしてしまうわけ。



何かを禁止する法律なんて少なければ少ないほど良い社会だと私は思う。

法律が多いのは業界の恥ですよ。

そろそろ業界全体で自浄作用を働かさなければならない時期に来ているのではないでしょうか?



法律で禁止される前に自ら止めましょうよ。

「目の前にいるお客様を大事にする」

それだけでいいじゃありませんか。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる