アイデアではなく行動…

昨日のブログに書きましたように、『文の里商店街』理事として、とあるイベントに参加してきました。

大阪商工会議所が主催の『商店街フォーラム・大阪』という催し。

商店街活性化を目指すための会合ですね。



商店街フォーラム・大阪

商店街活性化1



会場も大きく、なかなかの盛況ぶり。

たくさんの人が来ていました。

ちなみに、写真に見えるのは電通の日下氏。

すっかり髪の毛も伸びて男前になっておられました(笑)。

パネルディスカッションン



日本にある商店街の様々な成功事例が次々と発表されていく。

抽象的な話ではなく、かなり具体的な成功例だったので興味深く聞くことができた。



商店街活性化2


商店街活性化3


商店街活性化4



メチャクチャ役に立つ新しい情報があったわけじゃないんだけど、ポイントの整理に役立ちました。

商店街が抱えている問題は共通しているんですよねえ。

どこも同じ問題で苦しんでる。



・空き店舗

・客足

・後継者



『文の里商店街』もシャッター店舗が悩みの種です。

シャッター商店街になってしまうのは、「借りたい人」がいないのではなく、本気で「貸したい人」がいないから、だと以前に書きました。

家賃が適正価格ならば『文の里商店街』で商売をしたがっている人もちゃんといるのです。



空き店舗

シャッター



問題は、適正な家賃で貸そうとする人がいないことなの、実は。

「安い家賃で貸すくらいなら放置」するからシャッター店舗になってしまうわけ。

どこの商店街もこの問題で苦しんでいます。



昨日の要点を私なりにまとめると…。

・家賃をいかに下げさせるか?

・近隣の消費者をいかに巻き込むか?

・各店舗の魅力をどうアピールするか?

こんなところかな。



で、問題を解決するのはアイデアじゃありません。

アイデアだけではどんな小さな問題も解決できない。

問題を解決するのは常に行動です。

思い付いたアイデアを行動に移せるかがポイント。



様々な成功例はそれを物語っていました。

思い付いたアイデアをどうやって実務に落とし込んでいくか?なんだよなあ。

そんなことを考えました。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる