こそばい数字…

前回の週刊エスマガで「こそばい数字」について書きました。

いろいろと質問を受けたのでその続き。



2016.05.30 週刊エスマガ ~2016.05.30~

エスマガ



こそばい数字。

抽象的な言葉ではあるけれど、ごく簡単に言うとこうなる。



客が買う気になる値段で、

こっちが儲かる値段。

これを決めるのが商売のコツだんな。




永六輔さんの『商人(あきんど)』で紹介されていた言葉である。

なかなか含蓄が深い。

確かに「商売のコツ」はこの言葉に集約されている気がする。







で、私の仕事は仲介業だから、普通の商売とは少し違ってます。

売主と買主の間に入る仕事ですから。

安く仕入れて高く売るって仕事ではないし、加工して高く売るってものでもない。



というわけで、不動産仲介業者にとっての「こそばい数字」とは…。

『売主さまが売る気になる値段で、買主さまが買う気になる値段』

ということになる。



これがね、当たり前ですが難しいのよ。

どう考えたって矛盾しますもん。

売主さまは1円でも高く売りたいのに、買主さまは1円でも安く買いたいわけだから。



購入希望者に「買いましょう」と口説くのも仕事だけど、売却希望者に「売りましょう」と口説くのも仕事。

ハッキリ言って変な仕事だと思う。

しかしながら、だからこそ、不動産仲介業って面白いのですよ。



仲介業は「こそばい数字」が二重に奥が深くなる。

不思議な仕事ですな。



ところで、永六輔さんの『商人(あきんど)』は商売で疲れている時に読むと元気が出ます。

営業マンは是非。

やっぱり死ぬまでセールスマンを続けたいねえ、私は。



2011.11.26 商売のコツ…

商人



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 

売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
7位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる