機嫌のいい大人になりたい…

下のブログを書いたのはおよそ7年前。

別にファンというわけではないのだけれど、それ以来、小林麻央さんのことは何となく気になっておりました。

まだ20代だった彼女に対して、私は素直に「負けた」と思ったのです。



2010.08.04 負けた

ブログ



当時、話題になっていた二人の結婚を

「苦労するだけやのに、あんなところに嫁いでアホちゃうか」

というヒネクレタ目で私は見てました。

二人



ところが、とある番組を見て「アホなのはオレやな」と反省したのです。

披露宴でネールを担当した人の談話が素晴らしかったから。



「ネールをしている時にどんな会話をしたのですか?」

という質問にネール担当者はこう答えていた。



いつもと同じようにマイペースでしたよ。

「梨園(りえん、歌舞伎界のこと)に嫁いだら大変だと皆に言われるけれど、生きていくのはどこだって大変だから」

なんて言って大きい感じでした。




すごく深い言葉だと思ったんですよね。

今はより強くそう思います。



若く美しく経済的にも恵まれていて人気もあり、苦労なんて何もないように見える小林麻央さんの

生きていくのは、どこだって大変だから

発言は深い。



もっと楽に生きる方法ないかなあ???

そんなことばかり考えている私には衝撃的でした。



病気が発覚してからも、彼女はやっぱり大変な道を選んだでしょ?

『迫りくる死』という人間にとっての最大のストレスと正々堂々と闘い、その闘う姿を発表することによって、同じような状況の方を勇気づけようとし、実際に勇気づけたわけです。

最悪の状況でも目標を見つけ諦めず、機嫌の良さを失わなかった彼女を私は心からカッコイイと思う。



ちょっとしたことで、スグに機嫌の悪くなる私の何とカッコの悪いことか…。

彼女を見習って、どんな状況でも機嫌のいい大人になりたい。

そんなことを考えました。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
5位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる