FC2ブログ

カッコイイも変わる…

先週だったかな。

珍しい組み合わせで食事に行ってきました。

ウチの家族とイチハナ夫妻と川田夫妻。

皆で焼鳥



イチハナ夫妻はこのブログでも準レギュラーと言っていい人たち。

花屋さんとしての人気も抜群だから知っている方も多いでしょ。

とにかくサワヤカなのよ。



2015.05.30 花屋さんと不動産屋

花屋さん



川田夫妻は阿倍野区出身の新婚さん。

彼らが結婚して2年半も経ったのか。

この2人には子供たちが小さな頃から大変お世話になっておりまして非常になついているのです。

我々夫婦が2人で遊びに行くときに、子供たちを預けたこともあったなあ。



2015.05.19 大事にするから大事にされる

結婚式



川田夫妻は私よりもおよそ12年ほど年下になります。

12年も年齢が離れると、ジェネレーションギャップと言いますか、夫婦の在り方もすごく違っている。

本当に男女平等なんですよねえ。



昭和46年生まれの私は、「男が家事をするのはミットモナイ」という感覚を植え付けられながら育ったように思う。

いや、昔はそうだったんですよ。

我々より上の世代なら、男が家事をすると「ヨメサンの尻に敷かれている」なんて言われたんじゃないかな。

私は祖父母(祖父は大正10年生まれ、祖母は昭和元年生まれ)に育てられたので、その影響もあるかもしれない。



ところがですね、昭和60年前後生まれの世代になると、この感覚はほとんどないように感じる。

男が家事をするのは当たり前ですよね。

以前、川田夫妻の家に遊びに行った時、私は本当に驚いたのです。

夫婦二人が仲良く家事をしている姿を見て。



2015.06.02 新婚さん宅

誕生日



「カッコイイ」と素直に思いました。

亭主が奥さまと仲良く家事をしている姿がかっこよかったんですよ。

やらされているのでもなく、嫌々しているのでもなく、ごく当たり前のように楽しそうに家事をする姿が。



「家事が一切できないオレってダサいなあ」と思いました。

こういうのを見ていると「カッコイイ」という概念も時代によって変わるんだなと私は思うわけ。

そんなことを考えながら若い夫婦と食事をするのはすごく勉強になります。



家を買う人たちってこの世代が多いですし。

ウチのガキどもが大人になる頃にはもっと色んな価値観が変わるんでしょうなあ。

「昔はよかった」とボヤいて嫌がられるジジイにならないように頑張ります(笑)。

子供たち



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる