FC2ブログ

認知症と精神科…3

まず、ご報告を。



昨日、婆さんは無事に元の施設に戻ってきました。

そして、恒例の栄養ドリンク一気飲み(笑)。

この姿を見ると私も少しだけ気が楽になりました。

婆さん



施設に戻ってきたと言っても、退院ではなく外泊です。

何故なら完全に退院してしまうと、万一、施設に馴染めなかった時に病院に戻れなくなってしまうからです。

様子を見ながら施設に戻すのかどうかを考えねばなりません。



去年の終わり。

精神病院の病室で、恐らくはクスリの影響で眠る婆さんを見ながら、私は久しぶりに涙を流しました。

どうしてこんなことになってしまったのか、と。



昨日書いたように、婆さんは自分がいる場所と時間が認識できなくなりました。

すると、目の前にある現実が間違っていると思い始め、「家でないどこかに閉じ込められている」や「クスリで自分を殺そうとしている」などといった被害妄想に陥ります。



婆さんなりに、身の危険を感じるのでしょう。

「助けて下さい」とか「警察を呼んで下さい」などと隣人に頼んだりし始めました。

一番ヒドイのになると、ゴミ箱に火をつけようとしたこともあります。



ここまでになると、老人介護サービス施設付き賃貸マンションでは対応できないんですね。

施設の人はすごく優しくて対応も丁寧なんだけど、私に迫る選択としては簡単に言うと2つになります。



1. 家に連れて帰る

2. 精神病院で治療して大人しくさせる



この2つ。

選択肢としてはこの2つしかないのです。

そりゃね、私だって家に連れて帰って面倒を見てあげたいですよ。



だけど、現実問題としては簡単ではない。

ずっと婆さんの面倒を見てあげられる人がいないから。

4年前のフリダシに戻ったことになります。



2013.11.24 サービス付き高齢者向け住宅

昔のババア



改めて、家で面倒を見てあげられない自分が情けなくなりました。

だけど、仕方ないから精神病院に連れて行くことにしたのです。

そして、さらに冷酷な現実が待っていることを知りました。



長くなったから今日はここまで。

恥を忍んで書くのは誰にだって起きる問題だと思うから。

私だけに起きることではないと思います。



阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる