FC2ブログ

我々が手にしている選択の自由について…

長いことブログを休んで色んな方に心配をおかけしました。

申し訳ありません。

ババアも元気ではありませんが生きてます(笑)。



火曜日にナンダカンダあり、結局、救急車で病院に連れて行ったんですけどね。

まあ、次から次へと出てきますわ。

今度は心臓です。



年齢(今年92歳)が年齢だけに仕方ないのですが…。

検査を受けて入院の手続きを終えたのが23時頃だったかな。



でね、翌日、目覚めると私がしんどいの。

絶妙なタイミングで私がインフルエンザになりました(涙)。

久しぶりにインフルエンザになりまして、やはり相変わらずシンドカッタ。



それでも、現代医学ってスゴイですね。

病院に行って、クスリを飲んで、一晩眠ったら私自身はスッキリ。

熱も下がりました。



ただ、「日曜日まで人に会ってはいけない」とお医者さんに言われたので家で大人しくしていたのです。

アポイントをずらしてしまって申し訳ありません。

今は明日にそなえて事務所で仕事をしております。



ここ3日、ずっと家で本を読んでおりました。

誰にも会ってはいけないし、もちろん婆さんの病院にも行けないし。

何年かぶりに読み返したのがこの本。







やはり、読ませる。

我々が手にしている選択の自由ってこういうことだと思う。

明日から頑張りましょう。



「おれがいつも新入社員のセミナーで最初にする話だ。おれはまず部屋全体をぐるりと見回し、一人の受講生を適当に選んで立たせる。そしてこう言う。
『さて、君にとって良いニュースと悪いニュースがひとつずつある。まず悪いニュース。今から君の手の指の爪を、あるいは足の指の爪を、ペンチで剥がすことになった。気の毒だが、それはもう決まっていることだ。変更はきかない』。

 おれは鞄の中からでかくておっかないペンチを取り出して、みんなに見せる。ゆっくり時間をかけて、そいつを見せる。そして言う。『次に良いニュースだ。良いニュースは、剥がされるのが手の爪か足の爪か、それを選ぶ自由が君に与えられているということだ。さあ、どちらにする? 十秒のうちに決めてもらいたい。もし自分でどちらか決められなければ、手と足、両方の爪を剥ぐことにする』。そしておれはペンチを手にしたまま、十秒カウントする。

 『足にします』とだいたい八秒目でそいつは言う。『いいよ。足で決まりだ。今からこいつで君の足の爪を剥ぐことにする。でもその前に、ひとつ教えてほしい。なぜ手じゃなくて足にしたんだろう?』、おれはそう尋ねる。相手はこう言う。『わかりません。どっちもたぶん同じぐらい痛いと思います。でもどちらか選ばなくちゃならないから、しかたなく足を選んだだけです』。おれはそいつに向かって温かく拍手をし、そして言う、『本物の人生にようこそ』ってな。ウェルカム・トゥー・ザ・リアル・ライフ」


 「おれたちはみんなそれぞれ自由を手にしている」とアカは言った。そして片方の目を細めて微笑んだ。「それがこの話のポイントだよ」





阿倍野区の不動産屋の独り言でした。 
  
売却も購入も阿倍野区の不動産のことならエステート・マガジンへご相談下さい。

もっとエスマガのことが知りたい方は以下のサイトを!



ホームページは物件情報が中心。
エスマガ・ホームページ

フェイスブックは同業者に向けたメッセージ。
 定山のフェイスブック

ツイッターは現在進行形のエスマガと定山。
定山の頭の中



po30.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さだやま

Author:さだやま
株式会社エステート・マガジン
代表取締役

定山 光絡
(さだやま みつらく)

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
管理者
twitter
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>
ほんだな
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる